翻訳会社の需要

翻訳会社には産業翻訳や映像翻訳、出版翻訳などの翻訳分野で専門的なところや、言語別の専門性をセールスポイントにしている翻訳会社も有ります。以前は翻訳と言えば英語が主流でした。しかし、最近の街の様子を見ると翻訳の需要の変化が見て取れます。まず、観光客が少し変わってきたことです。以前は、中国の人が観光客の主流でしたが、最近はタイ人やインドネシア人が増えてきたのです。これは、東南アジア諸国が経済的に台頭してきたことで、海外旅行への意欲が上がってきたことを示します。

東南アジアやその他のいわゆる新興国と言われる国々とのビジネスや金融商品の関心が非常に高くなっているのです。また、様々な北欧系の小売店の進出が目立つようになりました。これらの国々ももちろん世界の公用語である英語でビジネスをしますが日本に対しては日本語でビジネスをしているのです。本当にビジネスを成功させたければ相手国の言語で仕事をしなければならないのです。観光客を迎え入れる場合にも、商品を売り込むためにも英語だけでは事足りないのです。

際限なくグローバル化していくビジネスシーンで新たな取引をするために、その都度言葉を習得するのは現実的には不可能です。ほとんどの人たちが翻訳会社を利用します。翻訳会社は、英語はもちろんの事、中国語、インドネシア語、タイ語、スウェーデン語やノルウェー語、アフリカの言語、南米の言語など、さまざまな言語の翻訳者をかかえており、今、必要な言語の翻訳を依頼することが出来ます。私の友人がやっているこちらの翻訳会社では、東南アジアの需要に備えてシンガポールに拠点をつくったりもしています。現代の私達に必要な英語以外の翻訳の需要にはどのようなものが有るのでしょうか?当サイトでご紹介いたします。